WB工法の家づくり コラム

WB工法「腰屋根の原理を応用」

腰屋根

もともと日本の家は、昔から湿気と熱気がこもらない構造でした。古い民家の屋根には「腰屋根」と呼ばれる換気口が備わっています。これは、温まった空気が上昇することを活用した、涼しく暮らすための工夫。我が国の先人達の知恵にはつくづく驚かされます。

通気断熱WB工法の家は、昔ながらの家づくりを応用した家です。壁の中に空気を通すのも先人達の知恵からヒントを得ました。

だから、家の構造を熟知し、木の性質を知り尽くした大工さんにしかWB工法の家は建てられないのです。

玉井建設

Copyright© 2018 玉井建設株式会社 All Rights Reserved.
〒381-0023 長野県長野市大字風間1478
TEL:026-221-5531 FAX:026-221-5532