wb_method_q1-2wb_answer_arrowwb_answer_1-2

wb_answer_1-2_image

 WB工法「壁の中の通気性」

壁の中を空気がながれるから、無駄な湿気も夏の熱気も家の中にこもりません。

木材を湿気から守って、家は丈夫で長持ちします。

 

ポイント

通気口から入った空気は、床下のひんやりとした空気と混ざって壁の中を上昇します。

この自然な空気の流れが焼けこみの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みです。

壁の中を空気が流れることで、室内は外気の影響を受けにくい快適な空間になります。

 

◆関連コラム>>WB工法「腰屋根の原理を応用」

 

玉井建設

Copyright© 2018 玉井建設株式会社 All Rights Reserved.
〒381-0023 長野県長野市大字風間1478
TEL:026-221-5531 FAX:026-221-5532