おばあちゃんの要望「冬あったかい家」WBの答え「気密性と断熱性」

wb_answer_3_image

WB工法「気密性と断熱性」

形状記憶合金で通気口からの冷気遮断するから、冬の冷え込みを抑えられます。

壁の中には空気の層ができて、家の中の気密性と断熱性がアップします。

 

ポイント

気温が低下すると、各通気口は自然に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。

壁の中の空気を流れにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなります。

夏の通気性とは一変、家は気密性が高い状態になります。

 

◆関連コラム>>WB工法「気温に反応する形状記憶合金」

ページの先頭へ

 

玉井建設

Copyright© 2018 玉井建設株式会社 All Rights Reserved.
〒381-0023 長野県長野市大字風間1478
TEL:026-221-5531 FAX:026-221-5532